衣替えは終わりました???


こんにちは、ココアールのコバヤシです。

あの暑かった夏は・・・新潟は冬がきましたね。夏の方がいいなーって思います。みなさんはどうでしょうか?

 

昨年買ったユニクロのダウンジャケットを引っ張り出して着始めています。

ユニクロは何かしらのアイテムを日本人は持っているのではないでしょうか?

ファストファッション、もう耳慣れた言葉になりましたよね。

ZARAスペイン H&Mスウェーデン GAPアメリカ ユニクロ日本が代表ブランドかなと思います。

世界の売り上げ一位はZARA、そして二位はユニクロです。「ユニクロ」の画像検索結果

面白いのは、日本国内はユニクロの方が売れています。どうもジャパニーズブランドだから、日本国内で圧倒的に売れている訳ではなさそうです。

ここから今日のネタです!

日本人は洋服のデザインでは買わない。まずはデザインなのでしょうが、買うと決めるときは「素材」だそうです。生地です。

素材が気に入ったものでなければ、デザインがよくても買うという行為まで行きにくいそうです。

なぜならば、江戸時代までさかのぼりますが、時代劇をみているとこんなシーンありますよね。

丸まった生地、反物(たんものってこう書くんですね)を選んでいるシーンありますよね。

日本人は、着物を買うのではなく、気に入った生地を買ってから着物に仕立てる。生地を選ぶ行為が先なんですね。

その文化から、日本人は素材重視!そんな方もいるくらい、素材を重視するお洋服選びをする方が多いそうです。

世界シェア二位のユニクロが、一位のZARAに日本国内では売り上げを上回っている理由のようです。

 

ユニクロはもっともっとこれから素材がよくなっていくそうですよ。大量生産だからできる仕組みだそうです。ユニクロに期待です!

 

 

コメントを受け付けておりません。